独語録

 

05年の独り言
06年の1月,2月
06年の3月,4月
06年の5月,6月
06年の7月,8月
06年の9月,10月

 


12月31日 日曜日 晴れ 部屋の中は暖かい

大晦日

毎年の決まり切った言い方になりますが
今年も今日1日で終わりです。

今年も無事に終わったというべきか
多難な1年だったというべきか・・・・・

去年は10大ニュースをあげたのですが、
今年も考えたものの、
大きなニュース、出来事があったのではなく
細かい出来事が、年間を通して降りかかった1年だった
というような印象です。

まあ、過ぎてしまえば
これから先のための一歩だったと
振り返ることもできるでしょう。

さて、話は大きく変わり、
昨日、
アメ横に行ってきました。

別に食材などを買いに行ったというわけでもなく
ただ、行ってみようということになり、
嫁と二人、久々のお出かけをしたのです。

用もないのにあの大混雑の中、なぜ?!
という疑問がわくと思います。
まあ、特段に理由があったわけではないのですけどね。
強いていえば、
年末気分を味わいにとでも申しましょうか。

歳をとった為なのか、最近は
以前のような新年を迎えるというわくわく感や
凛とした緊張感を感じなくなった気がします。
そこで、
一番、年末気分を味わうことができる場所に
出かけてみようということになったのです。

いや〜〜聞きしに勝る、
おそろしい混み具合でした。
とにかく、小刻みに足を進めるのがやっと
買い物をしようにも、
よほどタイミングよく、店と平行にポジションを取らないと
そのまま人の流れに飲み込まれて
あっという間に下流(?)に流されてしまうし。

交通整理のお巡りさんが、
「危険ですので、前の人を決して押さないように」
といいますが、
こちらとて、押したくて押しているのではなく
心太式に進んで、結果的に前の人の背中に密着をしているのですから。

それでも、我々はまだよかった方で、
帰りにみると、
アメ横の入り口で入場制限(?)中。
建物ならいざ知らず、
通りの入場制限なんて・・・・・・

にしても一番の驚きは
その大混雑の中、
ベビーカーを押して通ろうとしていた親がいたこと。
常識、非常識という問題の前に、
みて危険性が判らんのかい!

で、
結局、年末を味わったというより
行列、混雑好きの日本人を堪能した半日でした。

では皆様、
よい一年を。


12月25日 月曜日 曇り 雨の降りそうなクリスマス

今年も

お仕事は、今日を含めて1日半。
ただ、
今日は松本先生、
明後日は山崎先生がいるので
割と気が楽です。

一人で絶え間なく診療しなければいけないのは
昨日までだったので
頭の中は、早くもお休みモードになりつつあります。

例年、
休みに入ってから、
年賀状作りを始めていたために
貴重な休みを丸一日取られていたのですが、
今年はすでに投函済み。
その分1日休みが有効に使えます。
が、
たぶん最低2日は、
何をする気力もなく、
虚ろな目で
ボ〜〜〜〜〜〜〜〜ッ

してるんでしょうね・・・・・・・・

たまには温泉でも行って
のんびり、ゆったり
心と身体の癒し、
というのも
夢想しないでもないのですが、
実際、本当に夢想レベルの話で
現実的には到底不可能な話
うちの嫁は、
私と同等か、時としてそれ以上に多忙なもので
二人の休みが、連続して3日以上そろうということは
奇跡にも等しいのです。

かといって、
独りで温泉というのも
いろいろな意味で問題ありそう
だし・・・・
いや、個人的には
行っても いいんですけどね・・・

などと、
のどかに書いていたら、
午後から地獄のようなラッシュ状態。
人数もさることながら内容が・・・
縫合の必要な外傷が二人、立て続けにきたり、
ぎりぎり予約が必要のない範囲のレーザー治療が3人きたり・・・・

1年を楽には終わらせてくれないのですね。


12月11日 月曜日 晴れ 明日から下り坂

風物詩

ふと気がつくと、
歩道と車道の境目あたりに電線が張り巡らしてあり、
道路に、数字が書いたガムテープが貼ってある。

去年も書いた酉の市(通称オカメ市)の準備である。

屋台の明かりのための電線であり
屋台の場所を指示するガムテープなのだ。

去年までのメインの通りの一つが、
駅前の再開発のために大きく様変わりしたので
そこがどう変わるかも今年は楽しみの一つ。

また、基本的に売っているものは変わりないのだが、
毎年、新しい食べ物が現れるので
今年はどんな新顔が登場するかもちょっと期待。

食べ物以外では
ゲームやクジの目玉の景品として
たぶん
PS3とWiiが並ぶだろうな。
とても当たりくじが入っているとは思えないが・・・・・・・

ちなみに
つい数日前、近所の家電量販店で
PS3
昨日は都内の家電量販店で
Wiiを売っている場面に遭遇したのだが
以前のように、いったん品切れになると数ヶ月待ちという状況
ではなくなったのかしらん?

閑話休題、
もちろんお祭りの真の目的は熊手の販売。
メイン会場の神社の境内では熊手屋(?)が立ち並び
大小様々な熊手が壁のごとく並べてある。

店ごとに個性もあり
じっくり見ていて飽きないものではあるが、
実は、
未だかつて、一つも買ったことがない。

一応、自営業者なので
商売繁盛を願って買うべきか、
と考えないでもないのだが、

クリニックの雰囲気とあまりにそぐわない。

何よりも
買って、帰って、受付に置いた日にゃ
うちのお嬢様方
「先生、
こんなもの受付に置かれたらじゃまです!!
院長室(=物置)においておいてください!!」
というのが目に見えているし・・・・

いっそのこと
天井に釘付けでもしてみるか・・・・


12月8日 金曜日 曇り 陰鬱な空

ほぼ復旧

新しいCPは処理速度は速く
説明用の写真もあっという間に表示します。
さすが新型。

が、やはり
なぜか新しいメーラーで送信することができません。
しばらく2種類のメーラーでファイル整理と送信とやっていたが
あまりに煩わしい。

立ち上がらなくなった旧型の方は
クラッシュの原因はどう考えてもHDのようなので
HDの換装をすることにしました。

以前はどことなく胡散臭い雰囲気が漂い
それが味だったのが
最近はフィギアの店やおしゃれなビルが建ち並び
別の意味で胡散臭さが漂うようになった
秋葉原へ行き内蔵用HDを購入。

わざわざ秋葉原へ行かなくても手にはいるのだが
せっかく
移植手術をするのなら
ドナーの選択肢は多い方が・・・・・

幸いなことに、
レーザーをはじめとして
いろいろな機械が多いので
工具類だけは各種取りそろえてあり
CPの内蔵をいじくり回す程度のことは
さしたる用意も必要なく可能な環境。

実際の手術時間は10分ほどで終了。

HDを認識させるのに一手間ありましたが
無事復活しました。
人間の手術もこうだったらいいのに、
と考えたところで、
最近のマスコミ、法曹界はそう思っているらしいことに
気づきました。

治って当たり前。
仮に寿命で亡くなっても、
それは失敗、
医療ミス・・・・・・

近いうちに日本の医療環境は破綻します。

それはさておき、
旧型が治ってくると問題が生じます。
2台のCP、
スピードをとるか、
新システムでは使えないソフトをとるか、
選択になるわけです。
悩んだ結果(?)
復活した旧型CPが診察室の上でがんばっています。

せっかくの新型は、
クリニックに置いておいてもじゃまなので
仕方なしに(?)
自宅で使うこととしました。

問題のメーラはというと、
自宅のサーバー相手だとちゃんと送信できるんだよな・・・・
これが。
不思議なことに。

今年の年末年始休暇は
うちでHPの更新に勤しみましょう。


12月3日 日曜日 曇り時々晴れ 秋の気まぐれ

復旧中

11月23日祝日。
午後から某社で講演会があるので
それまでクリニックで仕事をしていた。

仕事に区切りがつきメールをチェックしていると
何となくメーラーの挙動がおかしい。

しばらくCPの再起動もかけていなかったし、
とりあえず一回落として再起動を・・・・・
と、
気軽に考えたのが間違いの元だった。

以後ず〜〜〜っと
システムが見つかりません表示のまま。

インストールディスクから立ち上げようとしても
受け付けず、
ハードチェックソフトでみると
「記憶装置がありません」

もしかしてHDのクラッシュ??

もしそうだとすると下手に扱うとデーターが全部消える。
冷静に、復旧順を考えねば・・・・・

時間もなかったことだし、とりあえず講演会場に行くと
人っ子一人おらず!!
住所は間違いないし、時間も間違いない。
会社がいきなり倒産?
急に講演会中止?
んな、バカな。
前日、参加確認のTELが入ったくらいだし。

普段だったら
「一体どうしたんだ!!」
と、怒りが沸々とわくかもしれないが、
この日は
「ラッキー!!戻ってCPの修復に当たろう!!」

幸い、会場とクリニックの間には
大手電機量販店などひしめく界隈もあるので
寄り道をして相談。

結論。
HDの復旧はまず無理だろう。

専門の会社に頼めばある程度可能だろうが
手間暇お金が・・・・・・・
とりあえず診療には必要なのだが
修理に出して戻ってくるのを待つと1ヶ月前後かかる可能性もある。
仕方がないので(?)ほぼ同型の新型機を購入。

おお〜〜、昔に比べてCPも何と安くなったことか・・・・

全くお馬鹿な状態のCPに
棚のどこかにしまってある数々のアプリケーションをたたき込み
元の環境が、ある程度整うまで で2日。
ただ、新しい環境では使えないソフトも一部にはあるので
今度それをなにで代用するか・・・・・・

症例写真など本当に大事なデーターは
外付けHDに入れてあったので難を免れたが、
メールのファイルが壊滅。
それでもサーバーに残っていたデータを拾い上げたので
前1週間のメールは何とかなったものの、
過去のメールはなくなりました。

一応、一週間以上のレスのし忘れはなかったと思うし、
回収できた分のレスはしたので大丈夫だと思うが、
もし、いくら待ってもレスがない方は再送くださいませ。

今、一番の問題は、
なぜか今度のCPに入っていたメーラーで送信できないこと。
基本的には今までのメーラーと同じものの
最新バージョンのはずなのだが
どう設定しても送信エラーが起こってしまう。
それでも、全く送信できないのであれば
自分の気づかない設定ミスの可能性があるのだが
ごくまれに送信できる・・・・・・・?

それに急遽ダウンロードした無料メーラーからは
同じ設定で送信できるし・・・・
ただ、この無料メーラーはファイル整理がしにくく、使い勝手がいまいち。

今年の冬休みは
また、クリニックでCPの復旧工事だけで終わりかな・・・・


11月17日 金曜 曇り お燗が恋しい

脆弱

今朝、11時までに診察に来られた方はさぞ驚いただろう。

それは1本の電話から始まった。

昨日、某病院が開業医との連携を進めるために
登録医制度を開始したとのことで
その説明会があった。
一つの施設とだけ懇意にするのは良しとしないが
かといってお互いの連携が必要なのは間違いないので
その説明および講演会に参加した。

講演が始まって40分もした頃だろうか、
普段滅多に持ち歩くことのない携帯
プルプルと身震いをしている。
講演会場をそっと抜け出し電話に出ると
クリニックからであった。

ちなみに、昨日は2診体制だったので
私は診察時間の途中で抜け出して来ていたのだが、
電話をしてきのは
診療の後片付けと翌日の診療準備のセットをし、
帰る間際のスタッフだった。

滅菌器を中心とした一部のコンセントのブレーカーが落ち
スイッチをいくら入れても復旧しないとのことだった。
こうした器具は、普通の家電用品とは異なり
一旦切れると再スタートしないと始動しないので
再度通電してブレーカーが落ちるを
繰り返しているとは考えられない。
とすると
『漏電か・・・?』
『 明日の朝1でチェックして、滅菌もやるからそのまま帰っていいよ』

朝。
活きているコンセントから延長コードを伸ばして
時間がかかる滅菌を、取り敢えず開始。
その後、分電盤をチェックしようとしたが
何故か開かない。
昨日のスタッフか無意識に鍵を持って帰った?
いずれにせよ漏電だと手の下しようがないので
このクリニックの設計をした設計事務所に連絡して、
分電盤の鍵と漏電チェックを
頼むことにしよう・・・・

ではメールで連絡を・・・・・
『ん?』
メーラーに通信エラーの表示が。
そういえば、ネットも繋がらない。
たまにある無線LANの通信障害か。
では、エアポートを再起動して・・・・・
回復しない。

そういえば、電話回線とADSL回線のシステムは
ダウンしているコンセントと同じ部屋
にある。
もしかすると電話も・・・・・
予想通り。
外部との連絡方法が遮断された!!

それでもまあ、携帯で何とか状況を伝え
待つことしばし、
診療開始直前に復旧部隊(といっても1名)到着。
『漏電回路のチェックをするので、一旦全電源落としていいですか?
既に待合室に患者さんがいたので、
一旦暗くなりますけどとお断りした上で、
『GO!』

廊下からの明かりのみで、薄暗い受付で待つものの
一旦暗くなって、すぐつくはずの照明がつかない。
どうしたことかと、分電盤の様子を見に行くと、
しきりに携帯で話をしている。
『・・・いわれたとおりに、メインのスイッチを落としたら、
その
スイッチがぴくりとも動かなくなって・・・
型番は・・・これ自体のがおかしいのかも

って、おい!
既に診療時間始まって、待っている人もいるんですけど〜〜〜〜〜〜〜〜

復旧するまで、待つこと1時間。
電気が消えているので今日は休診かと
恐る恐る入ってくる方々に事情を説明し 、
それでもかまわないとおっしゃる奇特な方のみ
廊下からの光だけが差す、薄暗い待合室で診察。
当然、医事会計用コンピューターもレジも動かないので
『お会計は、次回来られたときでいいです』

手術とピーリングの予約の方にキャンセルの連絡を!!
よかった。
予約票を入れたコンピュータがノートで・・・・
電気のない病院なんて哀れなものです。
しばらく前から導入を考えていた
電子カルテは絶対に入れないこととしました。


11月11日 土曜 雨 思ったほどは寒くない

調理器具、続き

さて、我が家の調理器具で一番の新参者は
圧力鍋である。
今まで無かったのが不思議な位なのだが、
何となく買いそびれて今日まで至った。

あればあったで便利なんだろうけど、
無いなら無いで、まあいいか
煮込みはシャトルシェフ
(注1)があるし・・
そう思って、ことことやっていたのだが
ついに手に入れることとなった。

もっとも、
思い悩んだあげくやっと購入したのではなく、
お返しなどでいただく
ギフトカタログに載っていたものを
たのんで、手に入れたもの。
他にコレといったモノがなかったので
「しかたないな・・取り敢えず貰っておくか
といった程度の期待値でしかなかった。

その為、
うちに届いてもすぐに使うことなく
数日の間、放置・・・
もっとも、ヘルシオで遊ぶので忙しかったこともあるが。

しばらく使う気にならなかったもう一つの理由は
取扱説明書にあった。
料理のレシピならいざ知らず
たかが鍋に取説がついてくるというのも何だが、
蓋の分解法だとか、掃除法だとか
事細かに書いてあり、
『 使用の度に行うこと・・・・・・・ 』
の注記が・・
高温、高圧の器具なので
ちょっとした不具合で事故が起きる可能性があるのは解っている
当然、それに対するメンテの必要性があるのも解る
が、
いくら料理時間が短くても
その後始末にコレじゃ、使う気を削がれたのも事実。

それでもまあ
「 折角ある物使ってみよう」
とっ始めに何を作ってみようと考えたあげく
王道、というか、ベタに
『ビーフシチュー』

普段は市販のフォンドボーの元を若干使う位で
香味野菜、牛スジと牛のすね肉を数日間煮込んで作るのだが
今回は、すね肉と人参、タマネギだけにし、市販のシチューの元を使用。
如何に手抜きして短時間で仕上がるかを視点に作成。
煮込み時間はわずか30分

いや、驚きました。
たった30分で硬いすね肉がすっかり柔らかくなり、
肉のうま味もしっかり残って。
人参も野菜の甘味は残しながら臭みは消えているし。
コレは使える!

今まで、休みの日にしか
煮込み系の料理の仕込みはできなかったが
これだと、帰ってきて材料を鍋に放り込み
シャワーでも浴びてりゃその間に完成!

後は、と、
その日の気分や気候で
自動的に
メニューを考えてくれる
道具だな。


(注1)シャトルシェフ
鍋とその外側の保温ボックスと二重構造の鍋。
魔法瓶のような保温効果で、
一旦加熱した後保温ボックスに入れると長時間高温状態が続き、
その間も、加熱しながら煮込んでいるのと同じ効果が出る。
焦げ付きも起きないし、
ガス代も無駄にならないので
煮込み系の料理には大変重宝な鍋。
10数年前から愛用中。

11月2日 木曜日 曇り それでもまだ暖かい

霜月

秋、真っ直中のはずだが
妙に暖かい日が続く。

今日はそれでもやや肌寒いが
気温が低いというより
日が差さない分暖かくない
そんな感じだ。

最近、我が家のキッチンに
新しい調理器具が二つ加わった。
実のところ増えたのは3セットなのだが、
もう一つのそのセットは目新しいものではないので。

ある日テレビを見ていると、
某有名テレビショッピングで、
シャープのヘルシオが出ていた。

要はオーブンなのだが、
脂 や塩分を落としながら調理できるという代物。
加熱水蒸気で焼くために
余分な脂や塩分が水で落ちるらしいのだが、
いくら高温とはいえ、そこは水、
乾ききった温風で焼く通常のオーブンとは違い、
ジューシーさも保てるという優れもの。

発売当初から、
買おうか買うまいか悩んでいたのだが、
今回はテレビを見た瞬間に
「買い!」

ティファールのフライパン、ソースパンなど10点セットが
おまけについて、8万円弱!!
今まで使っていたフライパンも
テフロンが剥がれてかなり焦げ付きやすくなっており
そろそろ買い換えだと思っていたタイミングに
これはお買い得!!
多少の躊躇はあったものの結局買ったのでした。

約1週間後ものが届き梱包を解くと
「で、でかい!!」
予想を超えて大きく、キッチンのかなりの部分を占拠。
もっとも使い勝手が悪いデッドスペースを利用したので
有効利用スペースとしてはそう変わっていないのだが、
圧迫感が・・・・・・

実際に調理に使ってみると
最近のオーブンは大体そうだと思うが、
いろいろなメニューが入っているので
加熱時間など悩むことはなく手軽に使える。
が、
加熱時間は通常のオーブンレンジより遙かに長い。
疲れ果てて帰り着き、
具材を仕込んで待つにはちと長すぎる待ち時間・・・・・・

結果、
待った甲斐がありました。

お肉などは
表面ほどよくパリッと、中はジューシー。
魚は
ほどよく脂が抜け、決してパサつかず、
フライのの暖め直しも
サックリ、まるで揚げたて。

秀逸は温野菜。

温野菜は以前よりレンジで加熱して作っており
茹でたものより遙かに味がしっかりしていたはずなのだが、
ヘルシオで作った温野菜は別格。
サラダのような自然な瑞々しさを保ちつつ
変な水っぽさはなく、
シャキシャキとした歯ごたえは残っているものの
芯まで熱が通り
野菜の持つ甘さが広がる。

ちょっとした感動!!
買ってよかった!

さてさて、もう一つの調理器具は・・・・・・・
折角のネタなので、
また次ということで
もう少々、引っ張らさせていただきます 。