ニキビができたら

 


 

ニキビの跡は?

ニキビができた!跡が残る!!
こう騒ぐ人は少なくありません。
でもニキビは必ず跡になるわけではありません。
ニキビ跡ができる原因は2つあります。

  1)爪で無理につぶすこと。
肌を爪で強く押すと皮膚自体には傷が付かなくても その下の皮下組織が傷つきます。
ここが傷つくと表面上は何ともなくても中に傷跡ができ凸凹になります。
だから無理に爪を立てつぶさないこと。

2)化膿。
化膿すると皮膚表面も傷つくし皮下組織も傷つき、
いわゆるあばたになり易くなります。
早めに病院に。



ニキビはマッサージ!?

ニキビができたから血行を良くするためにマッサージをしなきゃ!
こういう人もよく見かけます。
でもニキビにマッサージをすると逆効果になる可能性が高いのです。
ニキビは皮脂腺からの脂が毛穴に詰まってできます。
皮脂腺は血液から栄養分を受け取り皮脂を造るわけですから
マッサージをして顔の血行が良くなると当然・・・・
また、強くこすりすぎると皮膚に炎症を起こして化膿の原因にもなります。
マッサージをしてもあまり良いことはないようですね。

 


 ア!!ニキビ!いや違った吹き出物・・・!


25歳を過ぎるとニキビじゃなくて吹き出物!
・・単なる嫌みにしかすぎません。
何ら違いはありませんのでご安心を!


ニキビ菌をやっつけるために薬用石けんを!?

  ニキビ菌、確かにいます。
でもニキビ菌が原因でニキビができるわけではありません。
できたニキビを化膿させるだけです。
予防的に使っていた方がという意見もありますが、
お肌のデリケートな人はかぶれやすいので あまり積極的には勧めません。
かぶれて炎症が起きるとかえってニキビの原因になります。




お鼻のテッペンが化膿した!!

お気の毒様です。
顔の真ん中が腫れて目立って、人目を引いて。
でも、それだけです。

顔や体の中心線がいくら近いからといって
化膿がいきなり脳味噌にお引っ越しすることはありません。
もっとも脳味噌が溶け始めているような人は別でしょうが。