スキンケアの実際

 


スキンケアは明確にこういうものという定義はありません。
従ってここではもっとも基本になる洗顔に絞って説明します。


皮脂は皮膚の乾燥を防ぐために重要なものです。
しかし分泌され時間の経過した皮脂は
皮膚にとって有害なものでもあります。

空気中には埃や細菌など様々な汚れが漂っており、
皮脂などの粘調度のある油成分はそれらを吸着します。
1日でどのくらいの汚れを吸着するかは
クリームの入った瓶のふたをはずして1日おいておくとよく分かります。

また分泌され時間の経過した皮脂は
空気中の酸素によって酸化し有害な成分になります。
従って洗顔で
ある程度の皮脂を落とすことは 必要なことといえます。
しかしやり方を間違えると
いたずらに肌を刺激し
トラブルの原因になってしまいます。

肌を刺激しないように洗顔することができれば
体の他の部位にもその考え方を応用すればよいので
正しい洗顔法を身につけるのが
正しいスキンケアの基本ともいえます。


 

お化粧の中には油成分が含まれており
普通に洗顔しただけでは十分に落とすことができません。
そのためお化粧をした場合にはクレンジングが必要となります。

クレンジング剤にはオイルクレンジングと洗浄タイプの2種類があります。

オイルクレンジングはお化粧の油成分を浮かせて落とします。
マジックなどの汚れをベンジンで落とすのに似ています。
この方法の欠点は化粧成分を含んだオイルを取り除く際に
肌をこする可能性があるということです。
肌への摩擦をなるだけ少なくするには
多めのクレンジングでお化粧を十分に浮かせて
柔らかいもの(スポンジチーフなど)に吸わせることが重要です。

洗浄タイプは石けんのように
油成分を界面活性剤で包み込んで落とします。
化粧品は油成分が多いために
クレンジング剤には通常の石けんより界面活性剤が多く含まれています。
そのため肌が弱い人やドライスキンの人は
肌が乾燥し荒れやすいという欠点があります。

上手にやればオイルクレンジングの方が洗浄タイプのものより
肌への刺激が少ないと思いますので
当院ではオイルクレンジングをおすすめします。
どちらを行うにしろ少ないクレンジング剤で
こすって落とすやり方では肌を痛めてしまいます。


クレンジングオイルはたっぷり手に取り、
ゆっくりとなじませるように顔全体にのばします。
全体的に抵抗感がなくなり浮いてきたような感じがしたら、
こすらないようにスポンジチーフなど
柔らかいものにオイルを吸わせます。
このときふき取らないのがポイントです。


次にぬるま湯で顔をぬらします。

温度の目安は冷たくない水という感覚です。
熱いお湯では皮脂が抜けてしま肌が乾燥します。
また冷たい水では毛穴が閉まり中に汚れが残りやすく
さらに皮脂が固くなり落ちにくくなります。


次に両手の間で石けんをゆっくり回転させ
きめの粗い、水っぽいアワを作ります。

汚れを落とすのはアワです。
汚れは石けんが溶けただけのヌルヌルでは落ちません。

石けんのアワは
石けんと水分と空気とが混じり合った状態なので
石けんを手の中で回転させると
空気を多く含みアワがよくできます。

このアワをさらに空気を取り込むようホイップしクリーム状のアワにします 。

良くできたアワはメレンゲのようにツノがたちます。
アワの量は片方の手のひらに山盛りになるぐらいが目安です。



アワをたっぷり乗せた後に顔全体を包むように洗います。

手や指でこするように洗うのではなく
アワをクッションとしアワを転がすようなつもりで洗います。
慣れないうちは指先を使うと力が入るので手のひらで洗うようにし、
小鼻など細かい部分のみ指先を使うようにします。
またスピードが速いと力が入り摩擦の原因となるので
ゆっくりと洗うように心がけてください。


すすぎは十分に行います。

この時も決して肌をこすらないように、
手のひらにたっぷりと溜めたぬるま湯を
顔に当てるようにします。
1番良いのはシャワーですすぐことです。

石けんのヌルヌルで洗った場合と異なり
アワで洗顔するとこすらなくても簡単に落ちます。

生え際、耳の前、顎の下は
すすぎが不十分になりがちなので気をつけましょう。


すすぎが終わったらタオルで水分を吸収させます。

この時もふき取るのではなく吸わせるようにします。
1度洗顔してタオルドライの状態にしたら
手のひらで顔全体を触ってべたつきが残っているか確認します。
べたつきが残っていたらその場所だけ同じように洗顔します。

ほとんどの方がオイリーとドライの混合肌ですが
こうすることによって皮脂を必要以上に取ることなく
オイリースキンの部分の汚れも十分に落とすことができます。