アトピー治療


『以前、アトピー性皮膚炎と診断されました』
こう言われて来院される方の多くが単なる乾燥肌です。
乾燥肌の方はエアコンやマンション生活などで 増加傾向にあります。
こうした方はスキンケアや生活習慣の指導だけでも
かなりの方が治りますが
話を訊いてみるとほとんどの方がただ薬をもらうだけで
肌の管理法に関しては何も聞いていないことがほとんどです。

ではなぜこういうことが起こるのでしょうか?

一つには明らかに医者の怠慢です。
肘や膝の後ろに湿疹があったらすぐにアトピー。
いったんアトピーと言ったら
もうこれ以上何も言わなくても解るだろう
という態度で薬を出すだけ・・・・・
楽な診療です。

二つ目は患者さん側の怠慢です。
医者からアトピーと診断されるとそれだけで
アトピーだったら仕方ないと納得してしまい、
じゃアトピーとはどういう病気なのか
どうしたらいいのか
どういう治療法が考えられるのか
それ以上の説明を求めようとしないのです。

確かにアトピーという病名は有名ですが
果たしてどのくらいの人が
病名以外の知識を持っているのでしょうか?
もちろん説明をしない医者が悪いのですが
もう少し積極的に治療に参加してください。

そんなことをしたら
『黙って言うことを聞いてろ、ウダウダ言うなら来なくていい!!』
と言われた?
そんなところはさっさとおさらばすべきです。

前置きが長くなりましたがこれからがここでの治療方針です。

 


ヒフには自己快復力があり
単に原因となっている刺激を減らすだけで改善することもあります。
私たちの治療方針の1番の基礎は
この自己回復力をいかしてに引き出すかです。
薬の使用はそのお手伝いのために最小限に使うようにしています。

正直言ってこれで決まり
これさえやっていればよいという治療法は今のところはありません。
また残念ながらいわゆる根治は望めないと思います。
最終的にどんなによくなっても保湿剤を中心とした肌の管理は必要だと思います。

今のところ目指すゴールは
「アトピーがあっても保湿剤をつけ日常生活に支障がなければそれでO,K」
という状態の維持でしょう。
アトピーを目の敵にして戦いを挑み膨大なエネルギーを消耗するより
お互い邪魔にならないよう仲良く野郎や
というくらいのゆとりが肌に対するストレスを一つ減らします。

アトピーの方の肌は
健康な肌が持っているスキンバリアーが弱った状態になっています。
スキンバリアーはいくつかの要素で成り立っていますが
その中でもっとも大事なものは肌の乾燥を防ぐ皮脂です。
アトピーの患者さんは皮脂の分泌が足りず
スキンバリアーが破壊された状態にあります。
そのため肌の乾燥を起こしやすく、細菌に抵抗力がなくなり
様々なスキントラブルを起こしやすくなっています。
またいったんトラブルを生じてしまうと
自己回復力も低下しているために快復づらく
痒みと悪化の悪循環に入ってしまいます。

従って治療の流れとしては次の2つが必要だと考えています。
1)痒みと悪化の悪循環を断ち切り
肌を炎症のない安静状態に
持っていくこと。

2)スキンバリアーを確保し維持する。

肌を安静状態(炎症のない状態)に保つことによって
自己回復力が肌に徐々に戻ってきます。
そのためには炎症が強い場合は
ステロイドを使うべきだと考えています。
肌の炎症を速く確実に抑えるには
ステロイドが1番の薬であるには違いありません。
ただしステロイドは主役ではありません。
あくまでも肌が自己回復力と取り戻すまでの
つなぎだと考えています。

今までの治療でステロイドが問題になったのは
本来脇役だったステロイドが
そのまま主役になってしまった点でした。
本来肌の炎症をとる目的だけで使われるべきだった
ステロイドが 炎症を抑えた状態を維持する目的に
安易に 使われたのが間違いだったのです。
ステロイドは正しく使えば決して悪魔の薬ではありません。
しかしまた魔法の薬でもありません。
強さや使う量など慎重に使うべき薬です。
(本来薬はすべてそうあるべきなのですが・・・・)

次にいかにスキンバリアーを確保するかが大きなテーマです。
基本的にはどう保湿するかということになります。
冬場はしっかりとした保湿剤を使うこともあれば
夏場はべたつかない程度のオリーブオイルを使うこともあります。
しかし一律にこれがいいという魔法の薬はありません。
一人一人の肌の状態や季節に応じて
いろいろな薬や手段を使い分ける必要があります。

またこうした積極的な治療以外に
日常生活で気をつけなければならないこともいろいろあります。
その1例は洗濯用合成洗剤と柔軟剤をやめることです。
合成洗剤はいくら濯いでも衣類に残留しやすく、
柔軟剤は衣類に残ることを目的とした界面活性剤です。
従ってふつうに服を着て生活をするだけで
肌がどんどん脱脂され乾燥するのです。


アトピー治療について書くと民間療法の話題を避けて通れません。

患者さんが希望された場合、
根拠が解らない治療法であっても
害がない治療法であれば
やってみてもいいと思います。
非科学的ではありますが
結果がよければ理論は後から付いてきてもいいと思うのです。
しかし、あくまで害がなければの話しです。
少なからぬ民間療法が他の治療法のすべてを否定したり
異常に高額なのは明らかな害です。

アトピー治療の情報は玉石混合状態です。
中には非常に興味をそそられるものもありますし
一見して詐欺だと解るものもあります。
またマスコミが流す情報にも偏ったものが多く見られ
そのほとんどが垂れ流し状態です。
画期的な治療法の報道は何度も見たことがありますが
その後のフォロー記事を見た記憶はありません。
もっともこれはアトピー治療に限ったことではありませんが。

こうした情報の中から必要なものとそうでないものを見分けるには
患者さん自身勉強する必要があると思います。
そのために1番手っ取り早い方法は医者を利用することです。
疑問があればどんどん訊ねるべきですし
やってみたい治療があればやってもいいか意見を訊くべきです。
また逆にこうして訊ねられることによって
私たちも全く知らなかった情報を得ることができるし
更にその結果を他の患者さんたちに
フィードバックすることもできます。

患者さんは多くのDrに逢うべきだと考えます。
医者患者の関係といっても
基本は人間同士の関係ですから
どうしても相性の良し悪しが生じます。
相性が悪ければ訊きたいことも訊けずに
治療に差し障りがでることもあります。
ですから、自分にあったDrを見つけるまで
いろいろなクリニックを受診して
それぞれのDrの話を聞くことが必要だと思います。
その代わりここで治療を受けてみようというところが見つかったら
最低1年はそこに通ってください。
肌は季節で変化します。
1年たって初めて私たちはあなたの肌が解るのです。