ニキビの治療

 



洗顔 法を基礎としたスキンケアを
理解してもらうことから治療が始まります。
ニキビは短期間で完全に治るというものではなく
基本的な肌の管理が予防と治療の意味を含め
もっとも大事だからです。

ニキビ=不潔=洗顔不足
と思いこみ
ただひたすら力強く、何度も
洗顔している方が非常に多いようです。

最近スキンケアばやりで
雑誌での特集もよく組まれており
勉強されている方が多いようですが
この3年間で私たちが教えることが無く
正しい洗顔ができている方はわずか1名のみでした。

魔法のようにニキビが消えて無くなる薬や治療法を
求めてこられる方も少なくありません。
しかし
そうしたものもありません。
一人一人の体と肌に合わせて
治療法を考えていく必要があるのです。

抗生剤は化膿がひどい時のみ使用するだけです。
ニキビは毛穴に脂肪が詰まった状態であって
化膿して初めてニキビと呼ぶのではありません。
一般的な皮膚科のニキビ治療は抗生剤の投与がほとんどですが
抗生剤では化膿は治っても芯の詰まった状態は変わりません。
だから抗生剤をやめるとすぐに元通りになってしまうのです。

少々時間と手間がかかるかもしれませんが
漢方を使い体のバランスを整えたり
洗顔法の指導を行い
ニキビのできる根本的なものから治そうと考えています。

もちろんただイタズラに治療に時間をかけるだけではなく
ケミカルピーリングや特殊なビタミンCを使ったり
新しい治療法や考え方は積極的に取り入れ
総合的な治療を行っています。